ホーム » 穂の国とよはし芸術劇場プラット公演情報

穂の国とよはし芸術劇場プラット公演情報

by kumaneko

舞台手話通訳付き公演 『楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-』
いま、チェーホフの『かもめ』が上演されているのだろう劇場の楽屋。
死者となってもなお鏡の前で念入りにメイクを施す女優の二人。
そこに、ニーナを演じる主演女優が舞台を終えて楽屋へ戻ると、かつて彼女のプロンプターを務めていた若い女優がやってくる。
「ニーナの役を返してもらいたい」
演じるとはなんであるか。役者とはなんであるか。
言葉にならない女優たちの思いがこの楽屋に渦巻く。

ところ穂の国とよはし芸術劇場「プラット」
キャスト

ののあざみ
大浦千佳
服部容子
小野里満子

公演日程

2022年09月10日 (土)14:30開演
2022年09月11日 (日)14:30開演
※開場は開演の30分前。両日とも終演後トークあり。

料金 日時指定・全席自由・整理番号付・税込
前売販売:2022年07月16日 より
一般:2,000円
U25:1,000円
高校生以下:500円
※U25(25歳以下)・高校生以下は、一般発売日からプラットチケットセンターにて取扱い。
枚数限定・入場時本人確認書類提示。

中嶋俊晴×谷川賢作デュオコンサート 
むすぶ声 はざまの歌~谷川俊太郎をうたう~
日本を代表する詩人、谷川俊太郎は”言葉”をどのように捉え、詩として表現しているのか。

詩そのものを読むだけでも充分すぎるほど説得力を持つのに、人は何故その詩にメロディーをつけ、ハーモニーを施し、歌にするのか。本公演では、谷川俊太郎が青年期から現在に至るまでに生み出した膨大な詩の中から中嶋と谷川が選んだものを朗読、演奏することで、詩が歌になる瞬間を聴衆と共有するものである。

時に優しく、時に強く我々の心になにかを訴えかけてくる谷川俊太郎の”言葉”の世界を、気鋭のカウンターテナー中嶋俊晴とマルチな音楽活動で注目される谷川賢作の共演で”歌”として表出するコンサート。

ところ穂の国とよはし芸術劇場「プラット」
キャスト中嶋俊晴[うた(カウンターテナー)、朗読]
谷川賢作[ピアノ、作・編曲、朗読]
公演日程2022年09月16日 (金)19:00開演[18:30開場]
料金

全席自由・税込
前売販売:2022年07月25日 より
一般:3,000円 学生2,000円

※当日は各500円増
※未就学児の入場はご遠慮ください

ミュージカル『夜の女たち』

溝口健二監督映画「夜の女たち」を舞台化、長塚圭史が挑む初ミュージカル。
忘れてはならない時代、占領下を生き抜いた日本人たちの物語。

1948年、戦後すぐに公開された映画、溝口健二監督「夜の女たち」の初の舞台化。戦後間もない大阪釜ヶ崎を舞台に、生活苦から夜の闇に堕ちていった女性たちが、必死に生き抜こうとした姿を描いた作品を、長塚圭史が上演台本、演出を手掛け、初めてミュージカルに挑みます。

ところ穂の国とよはし芸術劇場「プラット」
キャスト

江口のりこ 前田敦子
伊原六花 前田旺志郎 北村岳子 福田転球
大東駿介 北村有起哉

石橋徹郎 中山義紘 入手杏奈 山根海音 篠崎未伶雅 山口ルツコ 小熊綸 加瀬友音

公演日程2022年09月30日(金)18:30開演
2022年10月01日(土)13:00開演
2022年10月02日(日)13:00開演
※開場は開演の30分前(予定)
料金

全席指定・税込
前売販売:2022年07月30日 より
S席:10,000円 S席ペア:18,000円※
A席:8,000円
B席:6,000円
※S席ペアは、プラットチケットセンターにて取扱い。枚数限定。
※各発売初日はお一人様1申込みにつき1公演4枚までの枚数制限あり
U25(B席)3,000円
高校生以下(B席)1,000円
※U25(25歳以下)・高校生以下は、一般発売日からプラットチケットセンターにて取扱い。
 一人1枚・枚数限定・座席指定不可・入場時本人確認書類提示。

Naoyuki MANABE GAGAKU Ensemble 豊橋公演

雅楽は1300年以上の歴史を持ち、世界最古のオーケストラとも呼ばれてユネスコ無形文化遺産にも登録されている。
Naoyuki MANABE GAGAKU Ensemble は若手の優秀な雅楽演奏家を集め2020年結成。
空間を利用した演出、またソリストの集まりである特徴を活かし、小編成ながら楽器の特性を発揮する新たなプログラムを構成。
今公演も雅楽の伝統と魅力を最大限に掲示しながら、新しい演奏方法や鑑賞方法を提示していきます。

ところ穂の国とよはし芸術劇場「プラット」
キャストNaoyuki MANABE GAGAKU Ensemble
公演日程2022年10月07日 (金)19:00開演[18:30開場]
料金全席自由・税込
前売販売:2022年07月07日 より
4,000円
※未就学児入場不可

グローリアコンサート No.2

音楽よ栄光あれ!その瞬間、歌は心を繋ぐ
ソプラノ田辺菜美子・バリトン李宗潤がドイツ国立歌劇場で長年活躍した実力派テノール・安賜勳 Johannes(アンサフンヨハネス)とともに心の歌をお届けします。
アンコールコンサートになります。

ところ穂の国とよはし芸術劇場「プラット」
キャスト田辺菜美子[ソプラノ]
安賜勳 Johannes(アンサフンヨハネス)[テノール]
李宗潤[バリトン」
鈴木雅子[ピアノ]
公演日程2022年10月09日 (金)14:00開演
料金

全席自由・税込
前売販売:2022年06月08日 より
一般 3,000円
高校生以下 1,500円

※未就学児入場不可

住所まちがい

ミラノ・ピッコロ座の座付作家ルイージ・ルナーリが 1990年に発表した作品の本邦初演。
同じ場所で遭遇し、混乱に巻き込まれる男性三人を仲村トオル、田中哲司、渡辺いっけいが演じ、物語の鍵を握る謎の女性役は朝海ひかるが演じます。

◆ストーリー
社長、大尉、教授の3名が、それぞれの理由で――社長は女性との密会のため、大尉はビジネスのため、教授は自身の最新出版書のゲラチェックのため――同じ場所に 居合わせる。3人が鉢合わせたこの場所はホテルなのか、事務所なのか、それとも出版社なのか。最初は互いに自分が正しいと信じて いたが、実はそうではないことがわかってくる――住所は3人それぞれにとって「正しい」住所だったということに。
奇妙な状況下、突然、大気汚染を告げる警報ベルが鳴り、3人とも外に出られなくなってしまう 。3人は一緒に一晩を過ごすことに なるが、徐々に恐ろしい疑念が頭をもたげてくる。もしかしたら……。
3人の会話はユーモアに富み、生と死、運命、宿命、自由な意志、神の存在、無神論等の話題がゴシップのように語られていく。すると突然、掃除婦らしき謎の女性が部屋に入ってきて曖昧なことばかり語り始める。3人の疑念はさらに強まっていく……。

ところ穂の国とよはし芸術劇場「プラット」
キャスト仲村トオル
田中哲司
渡辺いっけい
朝海ひかる
スタッフ原作:ルイージ・ルナーリ
上演台本・演出:白井晃
公演日程2022年10月09日 (金)14:00開演
料金

2022年10月13日 (木)13:00開演★ /19:00開演
2022年10月14日 (金)13:00開演

※開場は開演の30分前(予定)

★13日(木)13:00開演の回終演後トークあり
登壇者:白井晃(上演台本・演出)

穂の国とよはし芸術劇場プラット
〒440-0887 愛知県豊橋市西小田原町123番地
電話番号 0532-39-8810 
ファックス番号 0532-55-8192

You may also like